「恋するチャック」で全世界を魅了した衝撃のデビューから40年。
女性シンガー・ソング・ライターのカリスマ ”リッキー・リー・ジョーンズ” 待望の来日公演決定!

スポット

恋するチャック(原題:Chuck E.'s In Love)

Jimmy Choos

概要

大阪公演

日時:2019年5月16日(木)
開場 18:00 開演 19:00

NHK大阪ホール

お問合わせ:
キョードー大阪 0570-200-888
(全日10:00〜18:00)

東京公演

日時:2019年5月17日(金)
開場 18:00 開演 19:00

Bunkamura オーチャードホール

お問合わせ:
キョードー東京 0570-550-799
(平日11:00〜18:00 土日祝10:00〜18:00)

プロフィール

リッキー・リー・ジョーンズ

これからあなたが読むのは、同世代で最高のソングスタイリスト兼ソングライターであるリッキー・リー・ジョーンズを主演の、クローズアップとフェードアウトを駆使したある種のドキュメンタリー映画のようなものと考えて欲しい。

この映画の中では、現在住んでいるワシントン州タコマの鄙びた地区の通りを歩くリッキー・リー・ジョーンズの顔、彼女の特徴のある口、肩を超える長さの豊かな金髪が見えてくる。時は春。彼女は靴を履いておらず、ギターを抱えている。頭上の空は雲母のように光っている。ジョーンズが腰を下ろす場所を探し、太陽の下でギターを[...]

続きを見る

来日公演に寄せて
音楽評論家・天辰保文

「1979年、カリフォルニア、男の子たちは誰もが彼女に夢中になった。 『浪漫』から40年、時の流れと共にますます素敵になったリッキー・リー・ジョーンズとの再会」

『浪漫』というのが、デビュー・アルバム『リッキー・リー・ジョーンズ』の日本国内盤のタイトルだった。ジャケットは、赤い帽子を斜めにかぶり、気怠くうつむき加減で煙草をくゆらせる写真だった。その一葉の写真からして独特の雰囲気があって、歌が香り立つようだったが、実際にそこから流れてきた音楽は、それどころじゃなかった。 シャジーなビートに揺られながら、舌ったらずで可憐な、だけど、危うい色っぽさを含んだ歌声だった。それは、聴き手の心を奪いとるには充分だった。「チャック・Eは恋してるのよ、この歌を歌っている小さな女の子に、私に恋してるの」と歌われるそれは、恋する女性を前に落ち着きを失くしてしまった男性のことを、ユーモアを交えながら、優しくからかうような歌だった。

続きを見る

チケット

S席
¥10,800-
(全席指定・税込)
A席
¥9,800-
(全席指定・税込)

※未就学児童入場不可 ※チケットはお一人様一枚必要です。

チケット一般発売日:3月1日(金) 予定

WEBチケット予約 特別電話チケット予約

※特電受付期間:1月15日(火)00:00~1月31日(木)23:59

会場・アクセス

大阪公演

日時:2019年5月16日(木)

会場:NHK大阪ホール

東京公演

日時:2019年5月17日(金)

会場:Bunkamura オーチャードホール

お問い合わせ

キョードー大阪

0570-200-888
 (全日10:00~18:00)

大阪公演

主催:キョードー関西 / キョードー東京 / キョードー東京インターナショナル / 朝日新聞 / ぴあ
後援:WOWOW / FM COCOLO /タワーレコード / NME JAPAN 協力:ワーナーミュージック・ジャパン

東京公演

主催:キョードー東京 / キョードー東京インターナショナル / 朝日新聞 / ぴあ
後援:WOWOW / J-WAVE / InterFM897 / 文化放送 / タワーレコード / NME JAPAN
協力:ワーナーミュージック・ジャパン / NME JAPAN

招聘・企画制作:キョードー東京インターナショナル